30代からの薄毛治療

AGAとは?

AGAと言う言葉はよく聞くけど、AGAっていったい何?

そう思っている人のためにAGAについてわかりやすくご紹介します。

AGAは薄毛の一種

AGAは別名「男性型脱毛症」と呼ばれる薄毛のことです。「Androgenetic Alopecia」の略で「エージーエー」と呼ばれます。

世間で言うところの「ハゲ」のほとんどはAGAと言われています。

他にも色んな種類の薄毛がありますが、AGAは進行性で自然治癒しないのが特徴です。

つまり、アナタがAGAだった場合、何もしなければ遅かれ早かれハゲは進行していきます。

AGAの特徴

AGAには以下のような特徴があります。

  • 進行性の薄毛
  • 毛髪が軟毛化する
  • 毛包、毛髪のミニチュア化
  • ヘアサイクルが乱れる

簡単に言うと、

毛髪が育たなくなって、成長期(生えている期間)が異様に短くなる。

ということです。

 

AGAのヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

画像:銀クリ公式サイト

クリニックや育毛剤などのサイトにAGAのヘアサイクル図が出ていると思うので、見たことがあると思います。これはAGA専門病院「銀座総合美容クリニック」のサイトのAGAヘアサイクル図です。

ヘアサイクルにおける成長期というのは、毛髪が生えている期間です。正常なヘアサイクルであれば、成長期は2年~6年続くと言われていますが、AGAの場合は数ヶ月~1年と短くなってしまうのです。

生えている期間が短いということは、次に生えてくる予定の毛髪が成長する前に髪が抜けてしまうということなので、全体的にボリュームが減っていきます。

AGAの原因は?

男性ホルモンが原因です。

男性ホルモンというと、テストステロンを思い浮かべます。なので、筋トレなどで男性ホルモン「テストステロン」を増やすと薄毛になるといった都市伝説が出回ったりするのですが、テストステロンが原因ではありません。

ジヒドロテストステロン(DHT)というテストステロンよりも超絶強力なパワーを持った男性ホルモンが、毛髪を脱毛させてしまうのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)はどうやって生まれるのか?

AGAじゃない人にもDHTは存在します。

DHTは5αリダクターゼ還元酵素という酵素がテストステロンに働きかけることによって生成されると言われています。

じゃあやっぱりテストステロンが悪いんじゃん!テストステロンがなければ、DHTができないわけだし。

と思われる方もいると思いますが、テストステロンは男性にとって生きていく上で非常に大切なホルモンです。加齢と共に減少していき、減少することで鬱を引き起こすなど、薄毛以上にマイナスの影響を与えてきます。より良い人生を送るためには増やしていくことが大切です。

そもそも、DHTが生成されても、DHTの脱毛命令を毛母細胞が受けなければ問題ありません。

AGAの遺伝子を持つ人間は、毛母細胞側の受容体と呼ばれる命令を受け取る部分の感受性強く、DHTの脱毛命令に敏感に反応してしまうと言われています。

AGA遺伝子を持っていない人は、DHTが脱毛命令を出してきても、命令を受けることがないため、薄毛化しないのです。

 

AGAを抑制するには以下の2点がポイントとなります。

  • DHTができるのを抑制する
  • DHTができても、DHTが毛母細胞を攻撃しないようにする

この2点を抑えることでAGAによる薄毛の進行を防ぐことができます。

AGA治療方法

AGA治療の基本は、薬によって上記2点のポイントを抑える方法となります。

  • 5αリダクターゼ還元酵素がテストステロンに働きかけて、DHTを生成するのを薬によって抑制する。
  • DHTが毛母細胞の受容体に脱毛を促すのを薬によって阻止する。

この2つのポイントを抑えることで薄毛の進行、抜け毛を食い止めます。

抜け毛をおさえることができたらあとは発毛です。

失った毛を生やす。毛を成長させる治療となります。

これも薬を使って行います。

AGA治療はこの2段構えで行うのが最も基本的な治療内容です。

  • 脱毛を抑える治療
  • 発毛させる治療

なぜ自分はAGAになったのか?

なんで俺が?

自分の力ではどうすることもできない不運に見舞われたときに誰しもそう考えます。

AGAによる薄毛もそうです。

遺伝的要因と言われています。両親、もしくは祖父母からの遺伝が大きいです。AGA病院の問診表でも必ず、親族の薄毛は確認されます。生まれもって体質なので、自分自身はどうすることもできません。

なってしまったものは仕方がありません。

可能な限り戦っていくしかありません。

 

両親や祖父母がハゲていたら絶対にAGAは遺伝しているのか?

絶対ということはありません。

ここがややこしいところですが、親族にハゲがいなくてもハゲる人がいます。逆に親族にハゲが多くてもハゲない人もいます。

AGA遺伝子の影響を色濃く受けるかどうかは個人差があるのです。

AGA遺伝子をどの程度保有していて、AGAリスクをがどれくらいかを知るには、AGA遺伝子検査を行う方法があります。

AGA病院や、遺伝子検査キットなどを使って行うことができますが、これもあまり当てにならないと感じています。

というのも、ハゲているのにAGAリスクは少ないと出たり、全然ハゲていないのに、AGAリスクが高いと出たり検査結果自体も個人差があるからです。

ちなみに、私はAGAリスクが高くもなく低くもないという結果が出ました。しかし実際はハゲています。

検査自体はおもしろいし、話のネタになるのでやってみてもいいかもしれませんけど、結局はそうなってみないとわからないのが現状ですので、薄毛はあくまで対処療法で何とかするしかないと考えています。

ハゲたら治療する。色んな治療を試して効果のある治療内容を試す。これしか方法がないと思っています。

AGA遺伝子が少なくてもハゲるのはなぜ?

ここが一番わかりにくく、ハゲの面倒なところです。

上記のようにAGAリスクが少ない(AGA遺伝子が少ない)という検査結果が出たのにも関わらずガッツリハゲるというのは、AGA以外に要因があるのではないか?そう考えられます。

実はAGAによる薄毛は先天的な遺伝要因の他、後天的な要因も大きく関係していると言われているのです。

後天的な要因とは…

生活習慣、食生活、ストレス、アレルギー

といった、毛髪の成長に影響を与えるとされる要因です。

つまり、AGAのリスクが大きい人でも、後天的な要因が少なければ、薄毛の進行は遅い場合があり、逆にAGAリスクの小さい人でも、後天的な要因が多ければ、薄毛の進行が早い場合があるということです。

何度も言うように、個人差があるので全員に当てはまるわけではありません。これが一番ややこしいところです。

AGAだったら、生活習慣を改善しようが、食生活を改善しようが、ストレスフリーな生活を送ろうが、アレルギーを避けようが関係なくハゲると言われていますが、実際はそれらも大きな影響を及ぼしている場合があるというわけです。

一つだけ確実なのは、AGAであれば、最終的には遅い早いの差はあれど薄毛は進行していきます。

薬による治療でAGAを抑えるということがAGA治療の大前提となります。それ以外の部分を注意することで治療効果に差が生まれるというわけです。

AGAの部分はしっかり抑えた上で他の要因の影響も抑えることが大事ということです。

AGAの人は脂漏性皮膚炎の併発が多いと言われています。AGAプラスアルファで頭皮トラブルがあったりすると、より早く薄毛が進行する要因となります。AGA病院での治療の際も睡眠不足はあきらかに改善を妨げる要因となるので、睡眠はしっかり取るように言われます。

根本原因がAGAであっても、実際は色々な要因が重なって起こるのが薄毛です。個人差が大きく、まだまだよくわかっていない部分も多多いようですが、今現在やれることやるしか道はありません。

脱毛を抑えて、発毛させる。

単純にこれだけです。

病院での治療は脱毛を抑えて、発毛させる治療です。治療しながら髪に良いとされる生活習慣や食生活を送ることで、より発毛効果を高めることになると思っているので、できる限り意識していきたいと思っています。


AGA(男性型脱毛症)について調べたこと。まとめたことなどの記事です。自分の薄毛がどんな薄毛かを知るためには、まずはAGAとは何かを知ることが大切です。

AGA治療の効果って産毛程度?

AGAとは?

  • 2019年2月25日

薄毛で悩み、病院での治療を検討している人にとってAGA治療の効果は非常に気になるところだと思います。生えると言...

続きを読む

AGA治療が効果なかったと判断する前に読んで。

AGAとは?

  • 2019年2月22日

AGA治療を開始して数ヶ月は本当に効果あるの?という気持ちでした。クリニックに行った際に見せてもらった症例写真...

続きを読む

軽度のAGAってあるの?

AGAとは?

  • 2019年2月21日

AGA(男性型脱毛症)に軽度や重度といった違いはあるのでしょうか?AGAは遺伝や体質によって男性ホルモンが原因...

続きを読む

AGA治療はセルフでできる?

AGAとは?

  • 2019年2月20日

薄毛をセルフケアしたいと思う人は多いですが、その薄毛がAGA(男性型脱毛症)だった場合、自分で治すことはできる...

続きを読む

AGA治療は一生続けるの?

AGAとは?

  • 2019年2月16日

AGA(男性型脱毛症)は治療を止めたら再び症状が出て薄毛が進行すると言われています。では、AGA治療は一生続け...

続きを読む

AGAかどうか自分でチェックする方法

AGAとは?

  • 2019年2月16日

自分がAGAかどうか気になるの人のために簡単なAGAチェック方法をご紹介します。こうなったらAGAだ。といった...

続きを読む

AGAかどうか判別する方法

AGAとは?

  • 2019年2月14日

薄毛や抜け毛に悩み始めると次に気になるのが自分がAGA(男性型脱毛症)かどうか。自分の薄毛がAGAかどうか判別...

続きを読む

AGA治療を中断するときの注意点

AGAとは?

  • 2019年2月13日

AGA治療は継続する必要がある治療です。治療を止めればAGAは再び進行しますので、薄毛が改善した段階でその状態...

続きを読む

AGA治療の止め時はいつ?

AGAとは?

  • 2019年2月11日

AGA治療を止めるタイミングは大きく分けて2つあります。薄毛が気にならなくなったとき。加齢によって薄毛の進行し...

続きを読む

AGA治療の継続期間は?一生続けないといけないの?

AGAとは?

  • 2019年2月11日

AGA治療はいつまで続ければいいのか?私も治療開始前はこの点はとても気になりました。AGAは治らないので治療を...

続きを読む

今までの記録

薄毛対策お気に入りサイト