AGAスタイル

30代からの薄毛治療

AGA治療を決意した理由。

薄毛に悩みはじめてから早20年近く。

本格的に悩みだしたのは10年くらいかな…。

最初の10年は、これといった薄毛対策は何もしませんでした。気が向いたときに、髪に良いと言われる食べ物を食べたり。シャンプーのときに頭皮マッサージしてみたり。その程度。

30代になって、薄毛の深刻度が増してきて、ようやく色々と薄毛対策をやるようになります。

  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤
  • 育毛サロン

病院以外で薄毛が改善すると言われていることは色々試しました。

その結果がこの状態です。

 

色々やったおかげで今の状態なのか…。

それとも、

色々やったのにも関わらず今の状態なのか…。

 

どちらなのかはわかりませんけど、一般的に判断すれば薄い人であることは間違いありません。自分自身も薄いと思っています。

色々やってもこの程度だった。となると、あとは医療の力に頼るしかない。そう考えたのです。

AGA治療のことを調べる

薬のCMなんかもありましたから、AGA(男性型脱毛症)という言葉は何となく知っていました。今まで詳しく知ろうとしなかったのは、どこか他人事だったからでしょうね。

 

自分はAGAではない。

 

何の根拠もなくそんな風に思っていました。

AGAじゃなくて、ハゲなんだ。

と。

AGAのことも薄毛のこともよくわかっていなかったからそういう考えになったんでしょうね。病院で治療というのが大袈裟過ぎて、現実逃避していたのかもしれません。

で、AGAのことをよく調べてみると…。

色々と自分に当てはまる。

ここへきて、ようやく自分がAGAなんじゃないか?と思いはじめます。

AGAの場合は男性ホルモンが影響する薄毛で、男性ホルモンの働きを抑制するには医薬品の力が必要なことを知ります。

薬局で買えるAGA治療薬「リアップX5プラス」

病院でのAGA治療が私の中で現実的になった頃、薬局で買えるAGA治療薬があることを知ります。

みなさんご存知「リアップX5プラス」です。

AGAの原因となる男性ホルモンを抑制する薬ではありませんが、成長因子の働きによって毛髪を成長させる薬ということがわかりました。

いきなり病院はちょっと……。コンプレックス系の悩みですからやっぱり病院ってハードル高いです。自由診療なので月々の料金も気になります。行かずに治せるならそれにこしたことはないと考えました。

というわけで、買って使ってみました「リアップX5プラス」。

一年間。

何となく毛が太くなったような気がしたようなしてないような……、よくわからなかったというのが本音です。

他の薄毛対策と同じで、使ったおかげで今の状態なのか……。それとも使ったのにも関わらず今の状態なのか……。

どちらが正解かはわかりませんけど、結果は写真の通り。まだ薄い人から抜け出せてはいません。

ここへきて、ようやくもう病院しかないかと考えはじめます。

病院でのAGA治療による見事な発毛効果を目の当たりにする

AGA治療専門の病院があります。専門じゃなくても、AGA専門外来がある病院があります。大体美容外科系のクリニックです。

男性ホルモンを抑える薬「プロペシア」は日本で承認されている薬なので、皮膚科などの一般病院でも処方を行っています。まずは一般病院でプロペシアだけ処方してもらおうかと思ったのですが、AGA専門病院の症例写真をみてびっくり。みなさん驚くような発毛効果を得ています。

これはAGA治療専門の病院の方が、プロペシア処方だけでなく他の薬や治療を併用するからということがわかりました。

病院で薄毛治療といっても、治療内容は色々あります。

  • 薬による治療
  • メソセラピー
  • 植毛

自分はどの治療内容が合っているのかを調べてみましたが、これがわかりにくいったらありゃしない。病院ごとに色んな治療があって、それぞれの違いもよくわからなくて複雑です。色んな病院や治療内容を調べて自分なり出した結論は、

どれがいいとか、優劣はない。全部やれるなら全部やれ。

でした。

症状によって向き不向きはありますが、結局その人自身がやってみないことにはわからないというのがAGA治療で、人によって効果の出方が異なります。とは言え、いきなり全部とかは無理です。お金だってそんなに出せないし。どうすればいいのか迷っていたところで、実際にAGA治療を行っている人と会って話を聞く機会がおとずれました。

そして、その人のビフォーアフターの写真を見て驚愕しました。薄毛具合は大体自分と同じくらいでしたが、今はまったく薄くない人です。大体1年で薄くない状態になり、その後はキープするための治療を続けているとのこと。

ネットで調べてもわからないことをその人に色々聞くことができました。

「結局どの治療をすればいいんでしょうか?」

「まずは薬の治療をすればいいと思いますよ。薄毛が進行しちゃってる人の場合、薬で効果が出ない人がいるのも事実ですけど、反応が出るかどうかはやってみないとわかりませんからね。やってみて反応がなかったら他の治療を選択すればいいと思います。毎月の薬代だけでも高いのに、それプラスで色々ってかなり大変ですよ。」

「メソセラピーはやった方がいいんですよね?」

「薬よりも強力で、すぐに効果が出やすいみたいですね。僕はやらなかったけど、友人はメソセラピーやっていました。爆発的に効果が出るのと、薬よりも早く効果を出したいならやってみてもいいんじゃないですか?」

お金があったら薬と併用してメソセラピーもいいけどかなり高額だから、まずは薬で様子をみてはどう?というのがその人の意見でした。

あれもやった方がいいのか?これもやった方がいいのか?と困惑していましたが、ようやく自分のAGA治療の方向性が見えてきました。

  • まずは投薬治療からはじめる。
  • 治療効果が微妙だったらメソセラピーも併用してみる。
  • それでも効果がなかったら植毛を検討。

こんな感じの治療プランを考えました。

生え際を何とかしたいなら植毛が一発らしいですけどね。外科手術ですし、個人的には薬よりも抵抗があったのでまずは薬にすることにしました。

副作用の危険性をしっかり知ったこと

病院での治療に踏み切れない理由の一つに薬による副作用があると思います。

調べてみると、

 

性欲減退、勃起不全、倦怠感、動悸など

 

の副作用があることがわかります。

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する薬なので、性欲減退など男性機能に関する副作用があり、これに対する不安感は大きいと思います。

ハゲるか、それともEDになるか。って、究極の選択ですよね。

結婚して子作りを意識している人なんかも精子に影響が出るのではないかと不安になったりするでしょう。(実際には影響はありません。)

漠然と副作用を不安視していましたけど、結局以下の点で大丈夫だろうと判断しました。

 

  • 自分の場合すでに既婚で子供もいるので、今後子作りする予定はないこと。
  • 病院では医師の管理下で服用するので、重篤な副作用はほとんどおきないこと。
  • 服用を中止すれば、数ヶ月で体内から消失すること。
  • 多くの人がAGA治療を行っていること。

 

以上のことから薄毛治療か副作用かを天秤にかけたときに、私の場合は薄毛治療の方が大事という結論に達しました。どちらに重きをおくかは人それぞれなので、自分自身で判断する必要があります。実際、AGA治療をしている患者さんでも子作りをするタイミングで薬を休止したりする人はいるそうです。

上記のように考えて納得はしてみたもののすべての不安が解消されたわけではありませんでした。

 

多くの人がやっているからと言っても、まだ歴史の浅い治療なので今後どうなるかわからない。

 

プロペシアが日本で承認されたのが2005年ですから、AGA治療はまだ10年ちょっとの歴史しかありません。今後何かしらの問題点が出てくる可能性はあります。

それを怖がって薬の服用をあきらめるかどうかは各々で判断するしかありません。実際副作用がイヤで植毛だったり、投薬をせずにメソセラピーだけで薄毛治療をする人もいるようです。

 

AGA病院を選ぶ

AGA治療を決めたら次は病院選びです。

詳しくはAGA病院の選び方に書きましたけど、基準を設けてその基準にマッチしたところを選び、最終的に無料カウンセリングを受けて決めました。基準にマッチしないところは無条件に消去法で消去です。

  • ローン支払いではなく、毎月都度払い。
  • コース契約ではない。
  • 家から1時間以内で通える。
  • メソセラピー治療も行っている。
  • 症例数が豊富。
  • 月額治療費がなるべく安いところ。2万円以内に抑えたい。
  • オンライン診療も可能。

この条件にマッチした病院は2つ。

銀クリでお馴染みのAGA専門病院「銀座総合美容クリニック」と全国展開している美容クリニック大手「湘南美容クリニック」です。

最終的に銀クリで治療することにしました。

条件的にはどちらもマッチしていますし、無料カウンセリングのフィーリングもどちらもとても良かった。銀クリに決めた理由は好みです。フィーリングです。最終的にはこのフィーリングが大事かなと思っています。AGA治療は長期間継続することが必要な治療です。医師や病院との相性が合う合わないはとても重要になってきます。自分の頭髪をこの病院に任せる!そう思える病院を選ぶことが大事だと思います。

AGA病院の選び方をもっと詳しく

銀クリでのAGA治療効果

    治療前
  • 治療開始前写真01
    治療開始5ヶ月
  • 治療開始5ヶ月経過写真01
病院名

銀座総合美容クリニック

治療内容

フィナステリドとミノキシジル内服を服用する薄毛治療。

懸念される副作用

性欲減退、ニキビ、肌荒れ、ED(勃起不全)、倦怠感、頭痛、動悸、多毛、肝機能障害。

費用

18,500円

銀クリで行っているAGA治療はフィナステリドとミノキシジルによる投薬治療です。毎月一度通院して診察を受け薬を処方してもらっています。治療費用は月18,500円です。写真は治療開始5ヶ月の写真です。いずれは維持治療へ移行し月額コストも安く抑えたいと思っています。

AGA治療6ヶ月経過

迷っているなら早めの治療をおすすめします。その方が色々と効果的なんです。

病院でのAGA治療を決意した理由をまとめると、

  • 今まで色々やってみたけど思ったような効果が出なかったこと。
  • 実際に治療して生えて、脱薄毛している人がいること。ネットの中だけでなく、リアルでそういう人に会って話を聞けたこと。
  • 月額の治療費用が何とか捻出できそうなこと。

上記の三つとなります。

治療患者から話を聞けたのはラッキーでした。AGA治療していることをオープンにしている人は稀だと思います。ほとんどの人が秘密裏に通院しているでしょうから、治療患者に話を聞ける機会はそう多くはないでしょう。ましてや周囲にAGA治療患者がいる確率なんてかなり低いはず。

私がこのブログを書こうと思った理由はそこです。

治療している人の生の声を届ける。

治療ブログはたくさんありますが、薄毛の進行具合とか自分に合った人じゃないと参考にならないこともあります。こういったブログが増えることで、自分と同じレベルの薄毛を改善した人の声を聞くことができる。そんな状態にしたいと思ったわけです。

病院でのAGA治療はハードルが高く躊躇しがちですが、独りで色々薄毛対策するよりもずっと楽です。専門家に指導してもらうことで自分で行うよりも結果もしっかり出やすいと言えます。お金はかかりますが、早い段階で治療することであとあと費用を節約することも可能になってきます。

最悪なのが自分で色々やった挙句、薄毛は進行してしまい、どうにもならない状態で病院での治療を受けることです。進行した薄毛は改善するまでに時間がかかりますし、最悪改善しない可能性もあります。そうなったら最悪。薄毛が改善する可能性も低くなりますし、治療内容も増えたり治療期間が長くなったりしてコストを高くなります。

AGA治療はなるべく早くが鉄則です。

今までの記録